« 心に響く上質なサウンド fox capture plan ”FRAGILE” TOUR@大阪梅田Zeela レポート | メイン | 常に新品同様のコンディションを維持しています。フルメンテナンス済みのピアノを是非一度お試しください。ピアノスタジオBASS ON TOP池袋西口店 »

2017年5月 2日 (火)

Dialuck

HIPHOP R&Bを彷彿させる ゆるリリック『DIALUCK』@北堀江clubvijonワンマン前 突撃インタビュー!




HIPHOP R&Bを彷彿させる ゆるリリック、癒されるメロディの中に見え隠れする切なさと暗さが魅力的な地元大阪を中心に活動している3ピースガールズバンド 『DIALUCK』、初の流通ミニ・アルバム 『A FIRST AID KIT』をリリースした彼女たちはどんどんと関西から全国に名を広げ、2017年1月に発売された重力アクションアドベンチャー”GRAVITY DAZE 2”では、ゲームの主題歌を作詞と歌で参加したはる(Vo.Gt)の声が大好評を受けている、そんな大旋風を起こしているDIALUCKの3人にvijonのブッキングマネージャー大田氏と筆者海苔。が5月12日 北堀江club vijonで開催されるDIALUCKのワンマンライブについてお話を訊いてきました。

Noname_2



『そう、わたしがDIALUCKそのものなんです(笑)』

海苔:まず”DIALUCK”についてお話を伺いたいのですが、この DIALUCK というバンド名 可愛くて覚え易いですがどうやって付けられたんですか?

はる:ドラクエ7に出てくる街の名前です!

海苔:ゲームお好きなんですか?

はる:好き!男の子程ではないけど(笑)色んなゲームしたんですけどドラクエ7が一番好きでその街の中から名前をつけたくて…たくさんプレイした中で ダイアラックが一番に思いついて、こんなにいろんな街を冒険してプレイしたわたしが一番に思いつくぐらいだから強烈なインパクトがあるんだろうな、と思って『DIALUCK』って名前にしました。これ後から知ったんですけど、この『ダイアラック』わたしの前世と関係しているらしくて。

大田:おお。

はる:わたし『ポンペイ』っていう古代都市にいた女性らしくて。そのポンペイって街は火山の噴火のせいで1日で燃え尽きてなくなっちゃった街なんですけど、火山灰のせいで人も何もかも石化してしまった街で。そういえば、このドラクエ7にでてくる”ダイアラック”も石化して救えないもう手の施しようがない街なんですよ。しかもその前に冒険した街は火山の街で、、、。

大田:じゃあもう、なんか完全にモデルが・・

はる:そう、わたしなんです!(笑)

Unnamed3

海苔:そんな皆さんの出会いとは?そしてどのようにしてこのメンバーになったのでしょうか。

はる:わたしが以前やってたバンドでしおりんと対バンしてて 本当に好きで よく見に行ってたりしてて、そんな時にしおりんのバンドがクラッシュしちゃって わたしもその時タイミング良くと言うか、1人でGt.Voしてたから誘いました。

しおりん:そう、その時 当時のはるちゃんのバンドの相談受けてて、そんな話とかはるちゃんがやりたいこととかに共感したりして入ることになりました。

海苔:その時のDIALUCKと今のDIALUCKとではまた違った音楽だったのでしょうか?

はる:その時の曲もやってます。

大田:聞こえ方は全く違うよね。

はる:しおりんがその道の人なので…、でも当時からHIPHOP R&Bしたさありましたね。

しおりん:わたしも当時ハマってて、いいねやろう!って。セーシュンとかセッションしながらできた気がする。

大田:3人とも別のバンドで各々vijonに出てくれてたよね。

しおりん:そうですね わたしはエレクトロでピコピコやってました。

Unnamed4



『わたしのこうなったらいいな が2人とバンドを組むことだった』

海苔:かなたまさんはどういった経緯でDIALUCKに加入されたんですか?

はる:かなたまの前のBassがとある事件を起こしまして、わたしたちは◯◯くん殺人事件って呼んでるんですけど…それによってちょっとこっちからごめんなさいをして。

しおりん:あれは大変でした。

はる:そう、だからBass探してて、というかわたしはずっとかなたまとバンドしたくて高校の先輩なんですけど。誘った回数数え切れないくらい誘ってました。

かなたま:一緒にうどん食べに行くたびに誘われてましたね。

はる:そう(笑)わたしBassはかなたまでDrはしおりん、こうなったらいいなってずっと思ってて。というか自分の中では”こうなるべくしてなった”って感じが大きいです。

Unnamed5

海苔:みなさんが音楽を始めたきっかけって、なんだったんでしょうか?

大田:というかみんないつから音楽をしてるの?

はる:音楽の概念によると思うんですけど、わたしは『太鼓の達人』で小学生からかな。

しおりん:わたしは、小1でピアノをしてました。

はる:ピアノは間違いなく音楽や…

大田:ドラムはいつから?

しおりん:高校の時です Go!Go!のコピーとかしてました。

かなたま:わたしは中学の時、吹奏楽部で生まれて初めて褒められたのが音楽でした。そしてベースは高校3年ではじめてから1ヶ月でライブハウスに出て…その時にまた褒めてもらえて あ、わたしには音楽しかないんだって思いましたね。

はる:わたしのバンドでベース弾くのはかなたましかおらんって、当時から思ってた。

大田:はるちゃんって以前Drしてたけど転機っていつだったの?

はる:わたし本当は一番やばいドラマーになるって思ってました。

かなたま:はる本当ドラムうまいんですよ。

大田:今のDIALUCKしか聞いたことはないけど曲を聞く限りDrやってたって聞いて納得するものがあるよね。

はる:いやいやあじゃす!(笑)なんだろう 当時からたぶんどこかでVoやりたかったんですよね、でも当時組んでたバンドがいざ売れそうになってからは言い出せないなと思って、それなら売れる前に辞めなきゃ!と思ってすぐに辞めました そして今です。

海苔:そんなみなさまの音楽のルーツとは?

はる:わたしはMr.Children出身です。

海苔:いいですよね わたしも好きです掌とかニシヘヒガシヘとか

はる:わかる大好き、じょえ~!

しおりん:じょえ~って、初めて聞いたよ(笑)

海苔:そんなしおりんさんは?

しおりん:わたしがバンドをしたいなって思ったのはマキシマムザホルモンの”恋のメガラバ”のCMと関ジャニでした。

かなたま:わたしは初めて買ったCDがORANGE RANGEの『ラブパレード』でした、中学からはヴィジュアル系が好きでライブに行きまくってましたね



『ライブは家に帰るまでが遠足です』

海苔:ワンマンライブについてお聞きしたいのですが、DIALUCKさんは毎月12日に”the magic”という自主企画をされてますがこれはどういったものなのでしょうか?

はる:言わばお客様感謝dayです。毎月12日にそういうのをしていたらわたしたちもお客さんもその日を楽しみに頑張れるんじゃないかな?ってだから月に一回”the magic”をしています。

Unnamed6

海苔:今回のワンマンライブ、いつものライブとここが違うよっていうのは?

はる:シンプルに時間、持ち時間。見どころで言えばいろいろ仕掛けています。

しおりん:普段できない、わたしたちのワガママなやりたいこと100%全部できるってとこですね。

海苔:O.Aを務めるGarden Of Chicken Cokesとはどのようなバンドでしょうか?

はる:めっちゃいい(即答)こんなの言ったら失礼かもだけどわたし的には勝手に男版DIALUCKかなって、思ってます。

海苔:確かに、2バンドとも型にハマってないところとか似通ったところが多いイメージがあります。

しおりん:しかもすごく人柄もよくて。

はる:サンコイチなんですよね、楽曲的にも。3つ合わさって、1個の曲が多くて、それはDIALUCKもなんですけど。”あ、3人じゃないとガーチキじゃないんだな”ってライブを見てて思います 好きです。

大田:三位一体感があるってことやね。

はる:そうです それが言いたかった!仲良しなんです。

Unnamed

海苔:初めてワンマンライブをするこの北堀江club vijonとはどのようなところですか?ブッキングマネージャーの大田さんがいらっしゃるのでアツめにコメントが欲しいですね。

はる:お化け屋敷!文化祭!毎日が文化祭!

大田:それただのあほな箱じゃない…?

はる:いやとっても良い意味ですよ。子供心を忘れていない。

かなたま:良い意味でふざけてますね。

はる:どこまでいってもふざけられるというか、そういうところが、良いなっていつも思ってます。

大田:真面目に不真面目だからね。

はる:そう!そんな感じ。

かなたま:雪降らせたりね。

はる:雪降らせるライブハウスなんかvijonくらいしかないよね。

海苔:では最後にワンマンライブへ来て頂くみなさまに一言!

しおりん:楽な格好をして、気楽に来てください!

はる:ライブは家に帰るまでが遠足です!

全員:おお~!

はる:おお~じゃないよ ツッコミがいないのここには(笑)

かなたま:えーっと、たぶん かなたま は緊張してるけどみんなは緊張せずに気楽に見て欲しい、かなたま は緊張してるけどね。

Dialuck_2

1時間半に渡る彼女たちとの対談はとても密でDIALUCKが好かれる理由がわかる貴重な時間でした。

型にハマらない彼女たちの音楽はどこか懐かしさと切なさを感じられる 独特の音楽であり、DIALUCKでしか奏でられない 三位一体の音楽です。

5月12日 ”the magic” 北堀江club vijon にて是非ともご覧頂きたく思います。



<LIVE INFO>

2017年5月12日(fri)
北堀江club vijon
「the magic vol.10 ~ DIALUCK ONE MAN LIVE ~」

[act] DIALUCK <opning act> Garden Of Chicken

OPEN/START 18:00/19:00 ADV/DOOR ¥3,000/¥4,000 別途Drink代¥600   

ローソンチケット L-CODE 58122 チケットぴあ P-CODE 325-423 イープラス<http://eplus.jp> 


WEBメール予約はこちらから!
http://vijon.jp/live.html?ItemId=63095&y=2017&m=5&d=12&action=form

Flyer

★★★

DIALUCKが気になった方はこちらのイベントもお薦め!

2017年06月09日(fri)
An Sept. pre. 【Lady-killer vol.3】~女も惚れちゃう女達~ 
http://vijon.jp/live.html?ItemId=63019&y=2017&m=6&d=9&action=form



2017年06月10日(sat)
君がそうなら僕はこう ミニアルバムレコ発企画 「美しきバンドマン、その考察」 
http://vijon.jp/live.html?ItemId=62349&y=2017&m=6&d=10&action=form



記事:海苔。



北堀江clubvijon

http://www.vijon.jp/

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

アクセスランキング