« メタル最強!THE冠 単独公演 表、裏、裏の裏2017〜灼熱の鋼鉄監獄固め〜@大阪梅田Zeelaレポート | メイン | 日本のミクスチャーロックのパイオニア!山嵐 20th Anniversary 『RED ROCK TOUR』
 »

Pic_1738_2

RO69JACK 2016優勝 SEKIRARA 1st EP 『SIGNAL』リリースパーティー@アメリカ村DROP レポート



2017年、3月9日 SEKIRARA企画、同年度 2月22日に発売決定した 1st EP である『SIGNAL』のリリースパーティー 【39とはじまり】〜え?2017年は3月9日からですよ?〜 が心斎橋 CLUB DROPにて開催された。

Pic_1738





開場前からどんどんと人が集まり、SEKIRARAの人気の高さを思い知らされる結果となった。
この日、SEKIRARAにBassが正式加入、そして他にも重大発表があるとのことで会場全体がソワソワとしていたように思える。

トップバッターであるBaby Leafはeo music try 決勝まで上り詰めた注目バンドであり、翌月にはレコ発をも控えている。キャッチーな音楽と明るいサウンドは一度聴くと耳から離れない。

Pic_1537



続いてはlical、Dr.嘉一の体調不良により、Vo.璃菜による弾き語りになったが、 Vo.璃菜「4人分の熱を持って演奏します」という発言通り、最初から最後まで4人分の熱を持って演奏し 来場者の心をその音楽で突き刺して居た。

Pic_1546



虎の子ラミー、登場するや否や歓声で包まれ、圧倒的なサウンドで会場を盛り上げた虎の子ラミー。会場一体が飛んで跳ねて歌って踊って、と『楽しさ』に溢れたパフォーマンスを見せてくれた。

Pic_1604



東京からSu凸ko Do凹koi。女性スリーピースガールズバンドなのだが、女の子らしい独特な歌詞と女の子らしくない世界観で、会場全体が一気に彼女たちの虜になるのを目の当たりにした。

Pic_1651



DIALUCK、緩くあたたかいDIALUCKの音楽は会場をあたたかく包み込み自然と体や心に馴染ませていく感覚を覚えるまるで魔法のようなものである。緩いその世界の中で会場全体をうっとりとさせた。

Pic_1676



Co shu Nie、Vo.みくーんの透き通る声とキャッチーな音楽、そして力強いサウンドが特徴的である Co shu Nie は漂う色気や圧巻なるパフォーマンスで会場の熱をヒートアップさせた。

Pic_1708



そして今日の最後を締めくくったのは、本日の主役、SEKIRARA

Pic_1714

RO69JACKで優勝を果たした彼女たちの波は止まることはなく、登場した瞬間から来場者の手や声でSEKIRARAがどれだけ愛されているかを体感した。SEKIRARA特有の真っ直ぐとした女性の感情を、赤裸々と歌う歌詞は会場の心を鷲掴みにして離さない。
そして、来場者お待ちかねである正式加入したBass、綾小路ヒマリ、0ヶ月ベーシストとは思えないパフォーマンスで会場を熱狂させていた。

Pic_1724

その綾小路ヒマリの紹介と共に、発表されたのは、来たる5月31日 2nd EP 『タイトル未定』発売が決定!2月に1st をリリースしたばかりであるのに5月にまた新しいCDが発売されるという事実に会場全体が喜び、そして何よりも彼女たちも嬉しそうな笑顔を浮かべていた。
Vo.ユリカ「私たちは今までどんなことも3人で乗り越えてきた、これからは4人でどんなことも乗り越えていく」
Vo.ユリカの思いが来場者の心に突き刺さり 会場が一体になっていた。

Pic_1740

最後まで堂々たるパフォーマンスで盛り上げた彼女たちの音楽は加速する一方である。
4人になった彼女たち、SEKIRARAから目が離せない。



SEKIRARA
Twitter @info_sekirara



記事:海苔。



アメリカ村DROP

アクセスランキング

株式会社ベースオントップ 新着情報